G空間EXPO 2017
講演・シンポジウム

みちびきGO!GO!GO!GO!
〜準天頂衛星システム講演会〜
内閣府宇宙開発戦略推進事務局
  • 午後/受付開始 14:00
  • 未来館ホール
事前参加登録が必要です
登録はこちらから
概要はこちらから
概要 / outline

今年度に3機の衛星を打上げ、2018年度からのサービス開始に向けた最終段 階に入る「みちびき(準天頂衛星システム)」について、最新のシステム準備状 況、事業化が有望視される実証実験、および、みちびきの利用が期待される 位置情報の先進的な事例について、ご紹介します。

プログラム詳細
  • 開催時間 14:30~16:30
  • 1. 開演挨拶/講演
    • 内閣府宇宙開発戦略推進事務局 参事官 滝澤豪
  • 2. 招待講演
    • 北海道大学大学院農学研究院 野口伸 教授
      [準天頂衛星システムを活用したスマート農業]
    • 大林組 土木本部本部長室情報技術推進課長 杉浦伸哉 氏
      [i-Constructionがもたらす建設業の未来 ~精度の高い測位技術が建設業の未来を変える~]
    • 株式会社ナイトレイ 代表取締役 石川豊 氏
      [ナイトレイのロケーションデータ解析事業とGPSデータ活用事例]
  • 3. 事務局連絡
    • 準天頂衛星システムサービス株式会社
gコンテンツワールド
g-Contents world
gコンテンツ流通推進協議会 / g-Contents Exchange Promotion Association
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 / JIPDEC
  • 午前の部は都合により中止となりました
    午後/受付開始 12:30
  • イノベーションホール
事前参加登録が必要です
登録はこちらから

※当日申し込み可
概要はこちらから
概要 / outline

G空間WAVE2017gコンテンツワールドでは、位置情報の技術やサービスの最新動向について講演する予定です。
また、例年に引き続き、ジオメディアサミット様と合同でシンポジウムを開催いたします。是非あわせてご参加下さい。
We- g-Contents Exchange Promotion Association- organize a lecture event on the newest trends of geo-spatial. This event is held together with Geo Media Summit.

プログラム詳細

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。 
※敬称略

  • 13:10〜13:15/挨拶
  • 坂下 哲也(一般財団 法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
    電子情報利活用研究部 部長)
  • 13:15〜13:45/基調講演1
  • 「経済産業省の取り組み(仮)」
    中野 美夏(経済産業省 商務情報政策局 情報政策課 情報プロジェクト室 室長)
  • 13:45〜14:15/基調講演2
  • 「日本のIT林業の未来 ~スマート林業について~(仮)」
    池田 秀明(林野庁 森林整備部 計画課 企画官)
  • 14:15〜14:35/産官学の連携1
  • 「既存インフラを活用した新配車システムの構築と組成されるデーターの活用法(仮)【IOT推進ラボの取り組みから】」
    根本 克己(境交通(株)/東京ハイヤー・タクシー協会)
    平古場 浩之(みずほ情報総研(株))
  • 14:35〜14:55/産官学の連携
  • 「自治体福祉チケットのデジタル化 【ID連携の取り組みから】」
    小林 優太(ヤマトシステム開発(株) カードソリューションカンパニー 事業推進ペイメントグループ アシスタントマネージャー)
    【講演概要】
    1.ヤマトグループの社会貢献活動
    2.官民連携の取り組み事例
    3.官民データを利活用した新たなサービスの創出
  • 15:00〜15:30/講演1
  • 「屋内測位環境の整備とビーコン利活用に向けて」
    小林三昭(JR東日本コンサルタンツ(株) 取締役 ICT事業本部 副本部長 )
    【講演概要】
    スマホ用“JR東日本アプリ“では、山手線の駅構内で駅構内案内図を開くと現在自分のいる場所も教えてくれる。また、アプリ内の山手線トレインネットでは、リアルタイム運行情報と一緒に、現在走行している車両の混雑度、温度を知ることができ、かつ乗車中にアプリをひらくと自分が乗っている車両までわかってしまう。
    これらGPSによらない測位環境や測位のためのビーコンの利活用について説明する。
  • 15:30〜16:00/講演2
  • 「小さな地域とサービス事業者の生産性向上と消費の拡大に向けて」
    高知尾 昌行((株)JTBコーポレートセールス 霞が関第一事業部 マネージャー)
(パネルディスカッション)
G空間をしごとにする~若手が語る夢と魅力~
広報推進協議会(測量・地図作成分野)
  • 午後/受付開始 14:00
  • コンファレンスルーム天王星
概要はこちらから
概要 / outline

測量・地図分野で働く若手社員によるパネルディスカッションを行う。
仕事内容 や就職活動時の経験などについて紹介し、G空間に関心を持つ学生にその夢や魅力を感じてもらう。

  • 開催時間 14:30~16:00
来たれ、UAVを用いた公共測量への挑戦者たち
公益社団法人日本測量協会 / Japan Association of Surveyors
  • 午後/受付開始 13:30
  • コンファレンスルーム土星
測量CPDポイントの対象
事前参加登録が必要です
登録はこちらから
概要はこちらから
概要 / outline

無人航空機(UAV)は、2007年頃から測量業界にも紹介され、測量へ利用するための地道な取り組みが開始された。その後、2015年に首相官邸屋上で発見されるという事件に触発され、国も利用を推進して航空法の改正、要領やマニュアルの整備等で利用を推進した。これらにより、しばしば最も実用化が進む利用分野として測量が報道されるようになったが、測量業界の主要な業務である公共測量への活用は進んでいないように思われる。
そこでシンポジウムでは、安全運航に関する講演から適用可能な地理的範囲を把握し、それに続いて、公共測量へ挑戦して実績を上げている会社、公共測量への適用が求められている分野で挑戦されている会社から、それぞれ測量手法やセンサの特性、課題などを提供頂く。また、空中写真からの三次元点群データ作成の特性に触れる。これらを踏まえ、会場のUAVを用いた公共測量へ挑戦している方々から意見をもらいながらUAVを公共測量で活用するための方向性を示す議論を行う。

This symposium is discussed public surveying used unmanned aerial vehicle (UAV). UAV is said to be very suitable for surveying. However, most adapted surveying is to make points cloud from photos taken by UAV that does not guarantee accuracy. Because of to make the points cloud by the method is dominated by the external environment. And the accuracy of photo observation cannot make Gauss distribution. So that it cannot said the points cloud is the result of public surveying.
At the symposium, we first confirm the area of UAV can be flied safely. Then two type of speaker present the technic of public surveying. One type is from experiment work. Another type is from challenging activity to make it public surveying.
After the presentation, we have a panel discussion to make clear the problems to realize public surveying used UAV. Then we try to conclude the solutions.

プログラム詳細
  • 14:00~14:05 来賓ご挨拶
  • 国土地理院 企画部長
    鎌田 高造 氏
  • 14:05~15:30 講演
  • 「測量調査のためのUAVの安全運航」
    UAS測量調査協議会 廣田 三成 氏
    日本DMC株式会社 小栗 幹一 氏
  • 「UAVを用いた空中写真測量」
    株式会社ナカノアイシステム 安田 明 氏
  • 「UAVを用いた写真点群作成」
    公益社団法人日本測量協会 津留 宏介
  • 「UAVレーザー測量システムによる公共測量の実施と課題」
    株式会社アスコ大東  川村 義和 氏
  • 「固定翼UAVの公共測量適用への課題」
    株式会社タックエンジニアリング 佐々木 聖 氏
  • 「UAVレーザ測量の新たな領域への挑戦」
    株式会社アミューズワンセルフ 冨井 隆春 氏
  • 15:45~17:00 パネルディスカッション
  • 「UAVを用いた公共測量の普及に向けて」
  • コーディネータ:
    公益社団法人日本測量協会 津留 宏介
    パネリスト:
    UAS測量調査協議会 廣田 三成 氏
    日本DMC株式会社 小栗 幹一 氏
    株式会社ナカノアイシステム 安田 明 氏
    株式会社アスコ大東 川村 義和 氏
    株式会社タックエンジニアリング 佐々木 聖 氏
    株式会社アミューズワンセルフ 冨井 隆春 氏
G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016