日本地理学会主催シンポジウム
「令和時代のツーリズム空間~地域戦略のまなざし~」(仮題)
Symposium of the Association of Japanese Geographers
"Space of Tourism in Reiwa Era -Vision of Regional Strategy-" (TBD)
公益社団法人日本地理学会 / The Association of Japanese Geographers
  • 13:30-17:30
    受付開始 13:30
  • イノベーションホール
概要はこちらから
概要 / outline

元号が令和に改まり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや2024年の大阪万博など、日本の新時代を象徴する国際行事の準備が進んでいる。ホストシティである東京や大阪には、前回の1960年代の高速道路やインフラの整備とは異なるポスト成長期にふさわしい開発のあり方が求められている。国内参加を念頭においた商業的なツーリズムから、国際的なツーリズムの一環として防災や環境の視点からの対応も希求されている。また、急速な発展を見せるAI、ICT、IoT技術を下支えとした新たな空間情報サービスの提供も取り組むべき新たな課題の柱となっている。本シンポジウムでは、新たな展開を予感させるこうした動きに対し、ツーリズムや地域おこしなど関連研究分野をリードする日本の若手地理学者からその地域戦略としての意義を語ってもらう。

Our new era “Reiwa” has come and its symbolic international events of Japan such as Tokyo Olympic and Paralympic Games in 2020 and Osaka Expo in 2025 are now on preparation. As host cities, Tokyo and Osaka need suitable development in their post growing period which are different from 1960s. Not only the domestic commercial tourism but also the international tourism, which focus on disaster prevention and environment, have to be considered. Providing new spatial information services based on the rapid growing ICT technologies is one important issue. In this symposium, leading young Japanese geographers will show new vision of regional strategy for this new era.

プログラム詳細

講演1
渡邊瑛季(宇都宮共和大学シティライフ学部専任講師)
「フィールドワークによる観光地域研究における空間情報の収集とその課題」


1990年山梨県生まれ。2012年筑波大学生命環境学群地球学類卒業,同大学大学院生命環境科学研究科地球科学専攻(博士前期課程)修了,同大学大学院生命環境科学研究科地球環境科学専攻単位取得満期退学。修士(理学)。2014年農業環境技術研究所生態系計測研究領域(現・農研機構農業環境変動研究センター環境情報基盤研究領域)にて契約研究員としてGISによる農業環境情報の解析に従事。2017年宇都宮市役所うつのみや市政研究センターにて専門研究嘱託員として観光振興などの政策研究やGISによる空間情報解析業務に従事。2019年より現職。専門分野は観光地理学,地誌学。主な研究テーマは,スポーツ合宿地の存続基盤,マスツーリズム型観光地域の盛衰プロセス。主な論文に「山梨県山中湖村における保養所の特質とその変容」『地学雑誌』124号6巻(2015年),「長野県飯山市太田地区におけるスキー観光地域の変化―スキー観光停滞期の就業形態に着目して―」『地域研究年報』39号(2017年)がある。

講演2
新名阿津子(伊豆半島ジオパーク推進協議会専任専門員)
「ジオパークにおける空間情報の統合とその可視化」


高知県生まれ。2009年筑波大学大学院修了。博士(理学)。財団法人とっとり地域連携・総合研究センター研究員,公立鳥取環境大学准教授を経て,2018年から現職。専門は経済地理学・ジオパーク研究。主な著書に『中部・中国・四国のジオパーク』(編著,古今書院)などがある。

講演3
杉本興運(首都大学東京都市環境学部助教)
「観光地域分析における大規模な空間情報の利活用と可能性」


1986年愛媛県生まれ,東京都育ち。2014年首都大学東京大学院を修了。博士(観光科学)。日本学術振興会の特別研究員DC1(首都大学東京)および特別研究員PD(筑波大学)に選出。2014年7月より現職。2019年にイギリスのサリー大学にて客員研究員を経験。専門分野は観光地理学,観光行動論,応用地理学,地理情報科学。最新の空間情報ツールや大規模な時空間データを活用した観光行動や観光地域の分析および観光地マネジメント手法の開発に関する研究を精力的に実施。その他東京都の上野での産学官連携プロジェクトや,若年層の観光トレンドに関する研究プロジェクトを指揮。日本観光研究学会優秀論文賞など受賞複数。

パネル討論
モデレーター
有馬貴之(横浜市立大学国際教養学部准教授)

「地理総合」に向けたGIS活用の手引き
Introduction of GIS technology for "Chiri Sogo"
一般社団法人地理情報システム学会 / Geographic Information System Association
日本地図学会 / Japan Cartographers Association
  • 13:30-17:30
    受付開始 13:00
  • コンファレンスルーム天王星
概要はこちらから
概要 / outline

地理総合が必修科目になるにあたり、指導のための最初の一歩を提示し、実際にGISを利用した地理に触れてみる。
As GSI becomes a compulsory subject, we will present the first steps for teaching and touch upon the actual geography using GIS.

プログラム詳細
  • 14:00-14:05 開会のあいさつ・趣旨説明
  • 14:05-14:45 講師1(実習)
  • 14:45-15:25 講師2(実習)
  • 15:25-15:35 休憩
  • 15:35-16:15 講師3(実習)
  • 16:15-16:55 講師4(実習)
  • 16:55-17:00 閉会のあいさつ
  • ※ 定員30名
  • ※ 参加者はノートPCをご持参ください
  • ※ 登壇者は現在調整中(今月中に決定)
メディアパートナー
G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016
  • G空間EXPO2017
  • G空間EXPO2018